創業時の資金調達 お役立ち情報

巷には創業相談ができる会社は数多く存在しています。

 

しかし、そのほとんどは「創業融資」というお金を借りるためのサポートを目的とした会社です。

 

でも、あなたが創業するのは、創業融資というお金を借りることが目的でしょうか?

違いますよね?

 

必要な資金を借りて、その資金を活用して売り上げを計上し、大切な家族の生活を守ることでは無いでしょうか?

 

当社は、創業融資はもちろんのこと、あなたが退職届を提出する会社員の段階から創業支援を行っており、あなたの事業が1日も早く軌道に乗るためのお手伝いをしています。 

 

 

退職届を提出する前に、絶対にやっておくべきことがあります。

 

身分が安定している会社員だからこそ、創業後に備えるべきことがあります。

 

退職届を提出する前の段階から、準備すべきことをお伝えします。

住宅ローンの借り換え

現在住宅ローンを返済中であれば、金利の低い金融機関へ借り換えをしましょう。借り換えにより、毎月数千円~数万円の支払いを節約できることもあります。

資金調達先の分散確保

売上入金よりも先に仕入れ代金の支払いを行わなければならず、一時的に資金が不足することもあります。そういった場合に備えて、銀行融資以外の資金調達先を確保しておきましょう。

確定拠出年金の資産移転

勤務先で企業型の確定拠出年金に加入している方が、今まで積み立ててきた資産を個人型等へ移管しなければなりません。移管先の選定等も早めの対応が必要です。


 

創業準備は「資金調達」「事業計画書の作成」「出店計画の策定」など、多肢に渡ります。

 

創業経験のある方はほとんどいませんから、創業準備の方法についても試行錯誤が伴う事でしょう。

 

しかし、創業準備は資金繰りの問題から時間との勝負です。

 

1日も早く事業をスタートさせ、軌道に乗せて売り上げを確保するかが重要です。

創業融資

創業時の資金調達は融資が基本になりますが、融資を受けるためには金融機関が「融資をしても大丈夫」と思う「創業計画書」が必要です。金融機関が安心・納得する創業計画書を作成しましょう。

助成金の活用

助成金は条件に合致し、申請すれば受給できるお金です。創業時は予期せぬ出費がかさむ事がありますので、助成金を上手く活用すれば資金繰りも楽になります。

出店計画

事務所や店舗をどこへ出すのか?は集客を考えるうえでも重要です。早い段階で希望エリアの賃貸物件情報を収集し、費用対効果の検証が必要です。 


退職後の健康保険の選定

独立開業後の健康保険をどうするか?はあなただけではなく、ご家族全員に影響する大切な事項です。選択可能な中からより有利な健康保険を選びましょう。

リスク管理

会社経営者は、労災保険や雇用保険、有給休暇といった公的な保障制度が会社員と比べて驚くほどありません。経営者自身が働けなくなった場合や、会社経営上のリスクヘッジは重要です。

会計帳簿の準備

会計帳簿の作成や税金の申告は後回しに考えがちですが、原価管理、利益管理を考えるうえでは非常に重要です。しっかりと日々の会計帳簿を作成し、コスト管理、利益計画を把握しましょう。


 

開業してもお客様が来店しなければ、1円の売り上げも上がりません。

 

創業に失敗する会社のほとんどは、集客の失敗から来る資金不足が原因です。

 

そこで、創業時に必要な集客の仕組みを構築するアドバイスを行います。

 

集客の仕組みはあなたが行おうとしている業種・規模などによってその媒体は異なりますが、当社が今まで実際に行ってきた集客方法を、そのメリット・デメリットをあなたにお伝えします。

 

ホームページ集客

事業を行う上ではもはやホームページは必須です。しかし、ただの会社案内では集客できません。

お客様の役に立つ情報が掲載されているホームページを作成しましょう。

SNS広告集客

フェイスブックに代表されるSNSは、届けたいマーケットにピンポイントで情報を届けてくれるため、コストパフォーマンスは高くなります。

ブログ集客

ブログは即効性はありませんが、定期的にコツコツ更新を行うことにより、あなたのお店のファンが増え、集客に一定程度貢献してくれます。


新聞折込広告集客

新聞折込は広告の効果が落ちているとはいえ、熱心にチラシを見ている主婦層もおり、やりようによってはまだまだ有効な集客ツールです。

フリーペーパー広告集客

若い夫婦では新聞を購読しない世帯も増加しています。フリーペーパーは基本的にポスティングされたりしますので、どのような世帯でも目に留まりやすいという効果が有ります。

ダイレクトメール集客

DMはやり方を間違わなければ、一定の割合で確実に効果が見込める媒体です。しかし成功の法則を満たしていないDMも数多く存在する媒体でもあります。


テレアポ集客

電話番号リストがあれば、反響の取れるトークスクリプトを作成し、電話を掛けるだけなので、簡単で手間のかからない集客方法です。

FAXDM集客

サービス提供会社が保有しているFAX番号リストへ、FAXにてDMを配信する方法です。コストを抑えて短時間に一斉に配信できますので、早く効果が欲しいときに使える媒体です。

オートコール集客

オートコールとは、アンケートなどを自動音声化し、電話をかける広告媒体です。テレアポと異なり、音声を作成すればあとはコンピュータが電話をかけてくれますので、人件費がかかりません。


ステップメール集客

ステップメールとは、見込み客の購買意欲を高めるシナリオを用意しておき、1回目から順次メールを配信していくメールマガジンです。

シナリオは見込み客の購買意欲を1回目より2回目、2回目より3回目、と順次高まるように設計するのがポイントです。

メールDM集客

業者が保有しているメールアドレスに、案内したい商材を一斉にメールで配信する方法です。メールの文面を作成しておけば、一斉に配信できますので、郵送のDMよりもコストがかかりません。

メールマガジン集客

メールアドレスを登録してくれた見込み客に対して、定期的にお役立ち情報をメールにて配信する集客方法です。見込み客と定期的にコンタクトを取ることにより、自社のサービスを繰り返し刷り込む事が可能です。


開業挨拶レター集客

あなたの友人、知人、知り合い全てに独立開業の案内を送りましょう。開業挨拶は明確にあなたのビジネスについて説明したうえで、強力を依頼しましょう。また、レターは可能な限り心を込めて手書きで作成するのがポイントです。

ポスティング集客

ポスティングは告知したい内容でチラシを作成し、1軒1軒回ってポストへ投函していく集客方法です。ポストへの投函は業者に依頼するケースと自分でポスティングしていくケースとがあります。

ポケットティッシュ集客

ポケットティッシュは駅などで配布すれば高い確率で受け取ってもらえます。また、使い切るまでは保存されるので、繰り返し広告内容が見込み客の目に触れるという効果があります。


 

創業期は少しでもコストを削減し、運転資金を確保する事が重要です。

 

個別に契約するよりも、特別なルートを使って、団体割引制度などを活用することにより、品質やサービスはそのままでコストだけを削減し、キャッシュフローを改善することが可能です。

 

コスト削減によるキャッシュフロー改善のアドバイスを行います。

 

電気料金コストの削減

契約元を新電力へ切り替えるだけで毎月の電気代を5%~30%削減!

水道料金コストの削減

節水装置を設置することで水圧を変えずに5%~50%の水道費用を削減!

ガス料金コストの削減

プロパンガスや都市ガス料金の適正化によりガス料金を5%~30%削減!


印刷コストの削減

モノクロ0.9円、カラー7.2円、保守メンテナンス万全!別途定額制インクジェットもあります。

携帯電話料金コスト削減

スケールメリットを活用した格安特別携帯プラン!格安SIM、スマートフォン、タブレット等

振込手数料コストの削減

スケールメリットを活用し、振込先・振込額に関係なく一律振込手数料280円を実現!


車両管理費コストの削減

車両をリース契約にすることで、車両維持費、税金処理、車検など煩雑な業務が無くなります。

高速料金コストの削減

首都・阪神高速代金を最大20%OFF!NEXCO高速代金を最大40%OFF!

ガソリンコストの削減

ENEOS・出光・宇佐美のガソリンや軽油を全国平均価格で帝京可能!


 

 

創業して会社経営者になると、個人のライフプランも今までと大きく変わってきます。

 

また、個人と法人の2つのお財布を持つことになり、この2つを有効活用することで、会社員ではできない資産形成も可能になります。

 

社長者個人としてのライフプランを作成し、より効果的な資産形成のアドバイスを行います。

役員報酬の決定


初回相談は無料です。

出張を伴う場合には、交通費は別途実費を頂きます。

 

独立開業を検討中の方の「不安」や「悩み」を解決するために、初回無料相談会を開催しています。

 

無料相談会では、あなたが抱える不安や悩みを、どうすれば解決できるのかを具体的にお伝えしています。

 

ご相談・ご質問はこちらからお願いします。

お問い合わせはこちら

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
あなたが独立開業することを検討中なら『みんなの創業相談所』へご相談ください。創業に関する不安やお悩みを共有して、次のステップへ進むためのお手伝いをしています。
Copyright(c) 2016-2017 経営者向け住宅ローン相談専用サイト All Rights Reserved.