創業後に会社を成長させる方法とは?

上場企業が資金繰りに行き詰まり、銀行から多額の融資を受けたというニュースを目にする事があります。

 

これらの大企業は、財務内容は決して良くないにも関わらずなぜ融資を受けられるのでしょうか?

 

逆に、なぜ中小企業は黒字決算であっても融資を渋られるのでしょうか?

 

もちろん、大企業の倒産による社会的な悪影響の大きさや知名度、過去の金融機関との取引の長さなど、様々な要因があると思います。

 

これらは創業してすぐに真似することはできませんが、1つだけ大企業のように資金調達力を強くする方法があります。

 

それは【事業計画書】を作成することです。

 

事業計画書とは、

「会社の概要」

「経営の外部環境の影響」

「経営の過去の戦略履歴とその結果」

「過去の業績」

「今後の業績見込みと戦略」

を記載した資料です。

 

これらはあなたの頭の中にあるかもしれませんが、文字にして書面にしなければ、金融機関は理解できません。

 

この文字にして書面にする作業が面倒なため、創業後には作成しない方も数多くいます。

 

しかし、事業計画書が評価されれば、中小企業でも融資を受けやすい会社にすることができるのです。

 

これは大企業だけの特権ではありませんので、中小企業でも大いに真似できる部分です。

 

しかも、事業計画書を作成することは、会社を成長させる原動力となります。

なぜなら本来事業計画書を作成する理由は融資を受けるためではなく、

「P⇒D⇒C⇒A」

で戦略を回していく事だからです。

 

lan:計画

o:実行

heck:評価

cson:改善

 

常に計画して行動し、その行動を一定期間経過後に検証し、改善して更に次への行動を開始する。

 

これにより、業績が良いときはより早く業績を伸ばせますし、業績が悪くなった際にもそれを見越した準備が可能です。

 

創業後は経営上様々なリスクが発生し、計画通りに行かないことも多いでしょう。

事業計画書が無いと、経営環境が悪化しても、行き当たりばったりで行動することになります。

 

逆にきちんと事業計画書を作成していれば、様々なリスクを想定して営業戦略・財務戦略を立案することになりますので、問題が発生しても対処がし易くなります。

 

会社を成長させていく方法は事業計画書の作成です。

是非創業後も継続的に事業計画書は作成してみてください。

 

独立開業を検討中の方の「不安」や「悩み」を解決するために、初回無料相談会を開催しています。

 

無料相談会では、あなたが抱える不安や悩みを、どうすれば解決できるのかを具体的にお伝えしています。

 

ご相談・ご質問はこちらからお願いします。

お問い合わせはこちら

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
あなたが独立開業することを検討中なら『みんなの創業相談所』へご相談ください。創業に関する不安やお悩みを共有して、次のステップへ進むためのお手伝いをしています。
Copyright(c) 2016-2017 経営者向け住宅ローン相談専用サイト All Rights Reserved.